税理士や公認会計士など士業を無料でご紹介。
気になる顧問料の相場や最新の節税対策など。お気軽にご相談ください。

税理士・公認会計士・公認会計士など無料でご紹介|ゼイヒカ

0800-777-2750

所得が1,000万以上のDr.は・・・

税理士

院長様、経理担当者様へのお知らせ・・・・

所得が1,000万以上のDrは医療法人がお得です

医療法人のメリット

家族に理事報酬を支払うことができます
給与を院長一人に集中させてしまうと課税額が大きくなります。
法人化し、理事長の給与を抑えて家族に分散することで、家族単位の収入は同額でも課税額を小さくすることができます。
事業展開ができます。
介護事業・分院設立などの、事業展開を広げることができます。
役員報酬による節税
院長(理事長)とその家族に役員報酬を支払うことができるため、所得の分散化を図ることができ、その結果、節税が見込まれるので院長家族は手元に残る現金が増えることになります。
法人税による節税
個人事業の税率は最高で50%まで跳ね上がりますが、法人税では40%程度まで節税が可能です。
生命保険を利用した退職金の準備ができます
医療法人になると、生命保険の途中解約を利用した退職金の準備ができます。この保険料のうち半額は医療法人の経費から払うことができるため、理事長個人は支払い額以上の退職金が得られることになります。また、もちろん生命保険ですので、加入中に万が一のことが起きた場合にも保険金が支払われます。
資金調達がしやすくなります
医療法人で借金をする場合、主体が医療法人、保証人は理事長で済むため事実上一人で資金調達ができます。個人の借り入れを法人に名義に移すこともできる場合もございます。
無料相談実施中

PAGE TOP